guntamania

タイムカードを切るような更新

[2019-06-30 Sun]

最近はAndroidのMVVM アーキテクチャを嗅ぎ回ってる。

MVVM自体は結局画面ごとにモデルを用意してやって、 データ制御やロジックと画面を分離するための手法だ。 Googleのサンプルレポジトリを見てみると良いコードが見つかる。

android-architecture

Todoアプリだが、Branchごとにアーキテクチャが別れており、 数あるパターンの実装を見ることができる。 ただ、これだけじゃわからんところも多く困っており、 数々の個人ブログやQiitaも読んだが、どうも情報がまとまらない。

結局公式設計ガイドが良いことに気がついた。

アプリのアーキテクチャガイド | Android Developers

結構詳しく踏み込んだ実装が見れる。

これを現場レベルにどうにか落とし込みたいと考えて奮闘中だ。。 果たしてうまくいくのか。